糖質を食べない民族がいる!?

お米やパンや麺など主食を食べている日本人の炭水化物摂取量は多いと言われています。海外では「主食」という言葉がないので、すべての食材をバランスよく食べる習慣のようです。

日本人の糖質摂取量は、角砂糖に換算すると平均で1日70個から80個摂っているそうです。「エッツ!そんなに摂ってるの?」とびっくりしてしまいますが、ならば、やはり米や麺など炭水化物を抜いた食事をすると確かに痩せることができるのは頷ける。

しかし炭水化物を抜くダイエットは危険性をとなえる医師も多いので長期間続けることは危険!NGです。しかし、無理をしない程度に今までよりも糖質を少なくするのはダイエット効果がありそう。

糖質はカラダに大切な栄養素

実は、糖質が体に必要なのか?そでないのか?という議論は専門家の間でも分かれています。特に炭水化物を主食としてきた日本人の間でもバッキリとした答えが出ていません。

糖質は脳のエネルギー源なので摂らないと頭が働かないという専門家もいますし、脳が使うエネルギーである糖質は体内で合成されるから食べ物で摂取する必要はない!という説があるなど、それぞれの議論が別れているのです。

また糖質の摂取を極度に抑えてしまうとケトン血症を起こすという説もあります。

ですが、糖質を食べない民族もいるそうです

糖質を摂り過ぎるとドロドロ血液になったり、肥満の原因になるのは間違いありません。また、高血圧や糖尿病やうつ病など生活習慣病の原因になるとも言われています。

このように糖質の摂り過ぎと生活習慣病の関係を調べている専門家の話では、一切糖質を食べずに肉中心の食生活を送っているのに生活習慣病にならない民族もいるそうです。

それは極寒地に住むエスキモーや砂漠に住む遊牧民です。そもそも糖質を含む食べ物がないので、必然的にアザラシなど肉食の生活をしています。それなのに高血圧や糖尿病になる人は殆どいないそうです。

しかし、この人たちが現代社会で生活すると、すぐに生活習慣病になるという恐ろしいデータも発表されているらしいのです。

さらに高血圧や糖尿病の治療に糖質を摂らない食事法を導入すると、本当に高血圧や糖尿病が改善されるという話もあるそうです。

その後、糖質を摂らない生活を生涯続けるのか?わたしには解りませんが、一時的な効果としては予想以上の結果がでると言われています。

また、注意しなくてはいけないのが揚げ物です。天婦羅や豚カツなど揚げ物は衣が炭水化物なのでここで米や麺類を一緒に食べていたら炭水化物の塊を食べているようなもので凄い量を摂ることになってしまいますので注意しましょう。

どのようにして摂取カロリーを抑えたら良いのか

沖縄は電車がありません。

モノレールが走っている地域は限られた都心になるので、

移動するには車になります。

その為、沖縄に住んでいると全く歩かなくなります。

歩くのは、スーパーの中、家の中、会社の中、だけです。

つまり歩くのは室内だけで、外出は全てくるまです。

そうなると、これまでと同じように食べていたら全てカラダの中に蓄えてしまいます。健康にもよくありません。

東京にいた時は、電車通勤なので、自宅から駅まで10分くらいかけて歩き、目的駅にから会社までまた10分歩き、仕事中も歩いて移動していたのでなんだかんだで良く歩きました。

今思うと健康的だったんですね。

そして、沖縄にきていま私は、10キロも太ってしまいました。

これではいけないた対策を考えなければなりませんが、

ジムに行く時間もなく、お休みの時は家の掃除などがあるので全く時間がありません。

こうして書いているだけで、なんだか言い訳をしているみたいにみえますが、

痩せないとやばいんです。

どうやって痩せようかと考えてみたんだけれど、やはり摂取カロリーを抑えるしかない。

そこで、見つけたのが冷凍食品でおなじみのニチレイフーズの宅配弁当!

幾つかコースがあるんですが、 特におすすめが女性に向けてのウーディッシュ。

参考サイト⇒ニチレイフーズダイレクトの評判|へルーシー宅配弁当の魅力を徹底解説

ご飯も入っていておかずも含めて全部で320Kcal。とてもヘルシーで味も美味しと評判がいい。

1日3食を宅配食というわけにはいかないけど、夕食だけ宅配弁当にすれば、摂取カロリーは抑えられます。

まずは、3か月続けてみようかな。

尾道には地元の人に人気の天ぷら中華といラーメンがある

お酒を飲んだらシメはラーメン!

と言う人も多いかと思いますが、

先日、不思議なラーメンが紹介されていました。

尾道で地元の方に愛されている食べで ”天ぷら中華”と言うのがあるそうです。

どんなメニューかと言うと、中華そばに、蕎麦やうどんにのせて食べるかき揚げの天ぷらをのせて食べるラーメンのことなんです。

この天ぷら中華が食べれるのは「みやち」と言うお店。

元々は、「みやち」のまかないのラーメンに残った天ぷらをのせて食べていたのが始まりなんだそうです。

それを見ていたお客さんのリクエストでメニューにしたら一番人気のメニューとなったそうです。

それなら、自宅でもラーメンにかき揚げのせれば美味しいのでは・・・・。今度やってみよう!

尾道はラーメンでも有名なところなので天ぷら中華も美味しそうですよね。

尾道に行ったら是非食べてみたい。

【みやち】のある場所は↓
住所:広島県尾道市土堂1-6-22
電話:0848-25-3550

みやちの営業時間は11:00~18:00まで。現在、定休日は木曜日となっていますが、電話で問い合わせてから行くのがおすすめです。

日本で一番低い山をご存知ですか?

日本一高い山と言えば富士山ですが、日本一低い山はどこにあるのでしょう。

実は、宮城県仙台市宮城野区蒲生にあり「日和山(ひよりやま)」と言います。

その山の高さは、なんと標高3m!地図にのっている山としては一番低い山になるそうです。

そんなに低い日和山でも、一応、登山口があり、登山道がありますが木で出来た階段6段です。

ですが、日和山は復興のシンボルとして地元の人に大変愛されている山なんです。

今から二十数年前、日和山は標高6.05mありました。その当時も日本一低い山として県民にとっては自慢の山だったそうです。

ところが、1996年、国土地理院の地図が改定されたとき、阪神淡路大震災の地盤沈下の影響で大阪にある天保山が標高4m53cmと日本一低い山となりました。

そして、2011年、東日本大震災が発生しました。日和山も津波などの被害を受けました。ところが、2014年の国土地理院の地図で日和山の標高が震災による地盤沈下の影響で3mに変更され再び日本一低い山となりました。

地元の人は、再び日本一になった日和山に元気と勇気をもらったと、町の復興を願い、毎年富士山と同じ7月1日に山開きが行われ復興のシンボルになっているんです。

回転寿司「スシロー」でAIがメニューを開発!

現在、AIがざまざまなところで使われています。

今回、回転寿司業界でトップを走るスシローでも、このAIを使っての商品開発が行われました。

スシローで使われるAIには、1500以上の食材に含まれているの香り成分のデーターが集められていて、200万通り以上の相性を数値化します。そして、食材の相性の良い物同士を判定するというもの。

ちなみに、そのAIを使うと、ビールとコーヒーは相性がとても良く、ビール3に対してコーヒー1を入れて飲むととても美味しいそうです。

その他に、チョコレートとブルーチーズ、キャビアとホワイトチョコ、トマトと紅茶もAIでは相性がいいそうです。

しかし、AIは香り成分の相性までは計算まではできるが、レシピまではできないので、そこは職人の腕にかかっているのだそうです。

ですが、人間では思いつかないようなレシピがAIによって出てくるので、面白い企画ではありますよね。

そして、本日1月12日からAIが提案した『まぐろと牛塩のマリアージュ』がスシローで食べれるそうです。

期間限定!売切御免!なので、気になる方は急いでお近くのスシローに食べに行ってみてはいかがでしょうか。お値段は100円+税です。

外人には一眼レフのデジカメが人気らしい

年末年始になると各テレビ局が様々な特番を放送します。そのなかで、外国人がはるばる買いに来るスゴイ日本製品ランキングが放送されていて、東京の秋葉原には外国人の方が訪れて一眼レフのデジタルカメラが外人に人気なんだそうです。

店員の話によると、日本人よりも外国の方は大きなカメラに対する拒否反応が薄く、サイズ的なこだわりが無く、それよりも良い画質で思い出を残したい気持ちが強いのだそうです。

実際に秋葉原に買いに来ている外国の方にに聞いてみると、日本のカメラはセンサーの性能が特に良いそうで、センサーが悪いカメラで撮影しても写真が鮮明にならない。と話していました。

でも、私みたいな素人だと写っていればいいかなので、写真をみてもどんなカメラで撮影しているのかなんて、その違いが全くわからない。

お歳暮などで贈らない方がいいもの

もうすぐで今年も終わりですね。

12月になると、1年間でお世話になったかたに「ありがとうございました。」というお礼の気持ちをお歳暮として贈ります。

気持ちが込められていれば、どんな贈り物でも良いと思うのですが、相手がマナーに厳しい人の場合、失礼だと思われるかもしれない贈り物があるんだそうです。

それが靴下です。靴下はカラダの一番下に履くものなので、相手を見下している。と感じる人もいるそうです。

さらに、相手を踏みつけるという解釈をされる人もいるそうです。同じように靴やスリッパなども踏みつけるという意味合いでとるひともいるそうです。

つまり、足関係のものは避けた方が良いかもしれないですね。

しかし、人に贈り物するのって結構悩みますよね。

糸こんにゃくと白滝って違うの?

すき焼きなどの料理に欠かせない糸こんにゃく、それともしらたき?

ところでこの2つ、違いがあるのでしょうか?

実は、この2つはこんにゃくいもから作られ、成分も製造方法も全く同じ商品なんです。

呼び方が違うのは、関東と関西によって呼ばれている名前が違うだけなんです。

関東ではしらたきと呼ばれ、関西では糸こんにゃくと呼ばれています。

なぜ、呼び方が違うかと言うと、2種類とも江戸時代にできましたが、関西では出来上がったこんにゃくを糸状に細かく切っていたので糸こんにゃくと呼ぶようになったそうです。

一方、関東ではこんにゃくをところてんのように押し出し、それが白い滝のように見えるところから白滝と呼ばれるようになったのだとか。

現在は、2つとも製造方法は一緒、こんにゃく芋を乾燥させて細かく粉状にします。その粉をお湯に入れて溶かします。

1時間経つとゼリー状になり、さらに固めるために石灰水を入れてシャワーのように熱湯の中に噴出していくと糸状のこんにゃくができます。

また、スーパーには黒いこんにゃくと白いこんにゃくがありますが、この違いはなんだと思いますか?

黒いこんにゃくには、現在、ひじきのの粉末を入れて黒くして作っているんだそうです。

なぜ、ひじきの粉末を入れているのか?

昔のこんにゃくは、こんにゃくイモの皮をむかないですり潰して作っていたので黒かったのですが、現在は、皮をむいてこんにゃくいもを乾燥させて白い粉状にしたものしたものから作っています。

ですが、昔ながらの黒いこんにゃくに馴染みがある人が多いことから、ひじきをいれて黒くしているそうです。

花粉症は長男と長女に多い!?

現在、日本人の4人に1人はかかっていると言われている花粉症。その原因について意外な事が関係していると、林修の初耳学で日本アレルギー学会専門医の大谷義夫先生が話していました。

その内容は、同じ家庭で育った兄弟でも花粉症になりやすいのは、最初に生まれた第一子の”長男と長女” だと言うのです。

大谷先生の話によると、これはロート製薬で調査した報告で、最初に産まれた第一子は、それ以降に生まれる兄弟よりも10%花粉症になりやすいと言う結果が出たんだそうです。

その理由は、『衛生仮説』と言うのがあって、人間の免疫を司っているリンパ球は2種類あり、一つは、細菌やウイルスに対するもので、もう一つは、寄生虫や花粉にたいするもの。これが過剰になるとアレルギー反応が出やすいとされているそうです。

生まれた直後は寄生虫や花粉にたいするものが多いそうです。ですが、育つ段階で細菌やウイルスに触れることで、そちらの免疫細胞も活発になりバランスがとれるようになるそうです。

ところが、生まれた幼い時に細菌やウイルスにあまり触れないで、きれいな環境で育てると、生れたばかりのアレルギー反応が出やすい体質がそのまま継続されて大人になって花粉症になってしまう。

どうして一番最初の子が花粉症になりやすいのかと言うと、第一子が生れた時は、大人しかいないので細菌やウイルスが少ない環境で育ち、細菌やウイルスに対する免疫があまり発達しないことが要因なんだそうです。

ですが、次に生まれてくる第二子は先に兄や姉が生活しているので部屋にたくさん細菌やウイルスをまき散らかしていて、そこで育つことで細菌やウイルスにたいする免疫細胞も活発になりバランスがとれるので、大人になっても花粉症のアレルギーが出にくいのではないかと考えられているそうです。

この話を聞いて不思議と納得した私。私は兄と2人兄弟ですが、兄は子供のころからアレルギー体質で、私は今のところ何もでておりません。要は、あまり清潔にすることに神経質になりすぎるのも良くないと言うことなんでしょうかね。

恩師野村監督の人生訓で第二の人生を復活した元野球選手

皆さんは、1996年にドラフトで5位で、当時野村監督がいるヤクルトに入団し、野村監督の秘蔵っ子として、代打の切り札として活躍した副島孔太選手を覚えていますか?

30歳で戦力外通告をうけ、その後、野球の表舞台から姿を消してしまいましたが、恩師である野村監督の人生訓である事業を行い一発逆転の成功を収めています。

副島選手の野球引退後の第二の人生は厳しい現実が待っていました。生活のために鉄板焼きでバイト生活をしていましたが、野球しかやってこなかった副島選手は「自分には何も残っていないと」生きる目標を失い抜け殻になっていたそうです。

そんなある日、たまたま自分が現役時代に野村監督の指導を書き残した “野村ノート” を見つけました。そこには『人生-野球=0』の人間にはなるな!!と、恩師である野村監督の人生訓が書かれていたそうです。

その人生訓がきっかけになり、副島選手は1000万円をかけて学習塾を開業。実は、副島選手は名門校である桐蔭学園に通っていた秀才だったのです。

自分は、野球だけではなく勉強も一生懸命やっていたことが今になっては自分の財産だと思い「勉強の大切さを伝いえた。」と思い学習塾をはじめたそうです。

その学生塾では、子供達1人1人のデーターをファイルにまとめ、そのデーターを元に講師に教育方針を指導。その結果、開業してたった1年にして生徒数が50人以上を抱える人気の学習塾に!

その学習塾の中には、副島選手が一番大好きな野村監督の言葉が貼ってあります。

心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

現在、副島選手はさらに野球塾も開校。新しいビジネスにもチャレンジしています。