母の高血圧対策は美容で始まった!

わたしの母は何年も健康診断を受けていなかったので、60歳になったので人間ドックを受けてもらいました。

結果は、特に悪いところもなく概ね健康と言われたので安心氏のですが、一つだけ言われたのが高血圧です。

高血圧と言っても上が130なので、今すぐ薬が必要という訳ではないのですが、医師の説明によると、高齢者は急に高血圧が悪化することがあり、それを知らないで生活すると心筋梗塞や脳卒中で突然死してしまうことがあるというのです。

だから今は調子が良くても、日ごろから食事に注意したり、朝と夜に血圧を測る習慣をつけるなど注意が必要なのです。

医師が根拠を教えてくれたのですが、女性ホルモンには血圧を下げる作用があり若いうちは高血圧になる女性が少ないそうです。

具体的には、30歳代の女性の高血圧は5.6%しか居ないのに、60歳代の女性は62.3%、70歳代の女性は71.2%の人が高血圧になっているそうです。

この統計データから、60歳を超えた母は高血圧になる確率が高いので、正しい生活習慣で高血圧を予防して欲しいという話だったのです。

この話を聞いた私は感動したのですが、母はいつ死んでもいいから好きなものを食べると言います。

あまりにもいう事を聞かない母を何とかしたくて、自然に健康に良いものはないか探していたところ水溶性ケイ素を発見しました。

この水溶性ケイ素は美容に効く魔法の水として美容雑誌に紹介されていますが、実は血圧を下げる効果もあるのです。

血圧に良いから飲んで!と母に言うと拒絶するのは分かっていますので、これを飲むと綺麗になるよ!と説明しました。

すると母は、欠かさずに飲むようになりました。

いつまで経っても女性なんだね。

このように騙して母の高血圧対策は始まったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です