春のセンバツ高校野球が開幕!初日から履正社と日大三が激突!

いよいよ春のセンバツ高校野球が甲子園休場で開幕しました!

今現在、野球はWBCでかなり盛り上がっていますが、

今年の春のセンバツ高校野球も未来の侍ジャパン候補が

たくさん出場しているので注目しています。

その未来の侍ジャパン候補の筆頭候補と言われているのが、

早稲田実業の清宮幸太郎選手と履正社の安田尚憲選手です。

「東の清宮・西の安田」と言われるほど双璧の実力を持っており、

どちらも今秋のドラフト候補に挙げられている逸材です。

この未来の侍ジャパン候補2人のうち安田尚憲選手擁する

大阪の履正社が開幕初日に登場しました。

しかも、いきなり東京の日大三と激突する好カード。

西の横綱・履正社対東の横綱・日大三。

1回戦から決勝戦のような好カードに、

どちらが勝つか試合前からとてもワクワクしていました。

そして、いざ試合が開始すると、両校がっぷり四つの展開に。

1回裏に、日大三が大西翔選手のタイムリーなどで2点を先制すると、

5回表には、履正社も石田龍史選手の3ランで逆転する一進一退の展開に。

しかし、履正社の前に立ち塞がったのが、日大三のエース・桜井周斗投手。

昨年、早稲田実業の清宮幸太郎選手を5打席連続三振に討ち取った

こちらも実力のあるドラフト候補の一人。

この日も、強力な履正社打線を相手に見事なピッチングを見せ、

3番・安田尚憲選手を3打席連続三振、

4番・若林将平選手を4打席連続三振に抑える快投。

桜井周斗投手のスライダーのスゴイのは、

直球と同じ軌道で打者の手元で変化するところ。

並の高校生だとおそらく手も足もでないスライダーですが、

まさか大会屈指の強力な履正社打線が、

ここまで抑え込まれるとは思いませんでした。

しかし、さすがは未来の侍ジャパン候補ですね。

5打席目が回ってきた安田尚憲選手は、それまでやられ続けていた

スライダーを捨て、直球一本に絞って打席に入ったんです。

すると、桜井周斗投手が投じた外角直球を捕らえ、

あと少しでホームランとなるフェンス直撃のツーベースヒットに。

外角直球を逆らわずに逆方向に弾き返したバッティングは、

もう見事としか言いようがないですね。

その後、目覚めた履正社打線は9回表に一気に7点を奪う猛攻。

一進一退の攻防で8回まで5-5の同点だった試合は、

桜井周斗投手攻略に成功した履正社が12-5と日大三を突き放して勝利。

春のセンバツ高校野球は、まだ始まったばかりですが、

履正社対日大三戦のようなWBCにも負けないくらいの

白熱した試合をたくさん見ることができます。

今年のセンバツは、一体どこの高校が優勝するのか、

今から予想しながら観戦すると面白いかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です