WBC侍ジャパンが準決勝アメリカ戦速報!

WBC侍ジャパンが準決勝アメリカ戦で惜しくも敗退

王座奪還を目前にして、ついに侍ジャパンが力尽きました。

ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われたWBC準決勝で、

日本は1-2で惜しくもアメリカに敗れて決勝を前に敗退しました。

ものすごく悔しいけど負けたんですよね。

でも、今回の侍ジャパンは、前評判はあまり良くなくて、

正直よくここまで勝ち残ったなといった感じです。

小久保監督が試合後にインタビューで語ったように、

選手の皆さんは、本当によく頑張ったと思います。

特に、ピッチャーは、メジャーの強力なバッターがズラッと並ぶ

アメリカ打線相手にわずか2点に抑えたんですからね。

中でも、菅野投手や千賀投手は、メジャーの選手が絶賛するくらい、

とても素晴らしい球を投げていました。

侍ジャパンがアメリカ相手に負けた原因は、

やっぱりアメリカの投手相手にあまり打てなかったことでしょう。

日本の選手は、ツーシームやカットボールなどの動く球に弱く、

今日のアメリカ線では、ことごとくバットの芯を外されていました。

この動く球の対策をしない限り、メジャーを代表する投手相手に

得点することは難しいんじゃないでしょうか。

もちろん、守備のミスも得点に繋がったので、

負けた原因と言えばそうなのかもしれませんが、

今回に関しては、仕方がないミスだったと思っています。

と言うのも、あれだけの雨がずっと降り続けると、

グラウンドコンディションの悪化は避けられません。

4回の菊池選手のエラーは、雨で多くの水分を含んだ芝生で

打球がイレギュラーしてしまったことで起きてしまいました。

守備の名手である菊池選手でも捕れなかったんだから、

見た目以上に難しい打球だったんじゃないでしょうか。

また、ボールが手につかなかった8回の松田選手のミスも、

雨でイレギュラーを起こしていた可能性があります。

それだけ、今日の日本対アメリカのグラウンドコンディションは、

守る選手たちにとって、かなり判断が難しかったはずです。

そんな最悪のグラウンドコンディションの中で頑張ったんです。

ここまで菊池選手や松田選手にどれだけ助けられたか。

だから、あまり彼らを責めるのはよしましょう。

負けたことはすごく残念ですが、負けたものは仕方ありません。

次の開催は4年後の2021年になりますが、

その前に野球が復活する2020年の東京五輪があります。

まずは、東京五輪での金メダル獲得に向けて、

強い侍ジャパンを作り上げていってもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です