浅田真央選手がついに現役引退 長い間お疲れ様でした

信じたくないけどとうとうこの時が来てしまいましたね。

4月10日の夜11時頃、突然フィギュアスケートの浅田真央選手が、

ブログで現役を引退することを発表されました。

浅田真央選手は、6位に終わったソチ五輪後に引退を撤回して

現役を続けると決意していただけに本当に残念です。

もう彼女の代名詞であるトリプルアクセルは見れないんですね。

彼女のフィギュアスケート人生は、10代の頃はとても輝いていましたが、

最近は、とても思うようなスケートができずに辛かったと思います。

13歳の頃には、ジュニアのグランプリファイナルで優勝するなど、

すでに、“天才少女”と騒がれていましたね。

浅田真央選手が、ジュニアでトリプルアクセルを飛んだ時には、

とんでもない逸材が現れたもんだなと驚いたのを今でも覚えています。

15歳の時には、シニアでも世界の頂点に立ちましたが、

年齢制限でトリノ五輪には出場できなかったのが悔やまれます。

個人的には、この頃の浅田真央選手が一番輝いていたと思うので、

もし、トリノ五輪に出場していたら金メダルを獲っていたかもしれません。

因みに、トリノ五輪の金メダルは、日本の荒川静香選手だったので、

ワン・ツーフィニッシュも夢ではなかったはずです。

ただ、10代後半から身体の成長に伴って、

徐々にトリプルアクセルも決まりにくくなっていました。

バンクーバー五輪では銀メダルを獲得しましたが、

ソチ五輪ではショートでのトリプルアクセルの失敗などが響き6位。

でも、「伝説の4分」と言われたフリーの演技は、

女子フィギュア史上最高の演技と言っても良い素晴らし演技でした。

私も感動のあまり思わず涙が出ちゃいましたからね。

その後の浅田真央選手は、引退をせずに現役を続けましたが、

トリプルアクセルによる左膝痛に悩まされるなど、

思うような滑りができなくなってしまいました。

おそらく、もうどうにもならないぐらい身体が悲鳴をあげていて、

彼女も続けていく気力がなくなってしまったんでしょうね。

正直、まだ引退するなんて信じたくないけど、

彼女自身が決めたことならその意志を尊重したいです。

今まで、フィギュアスケートの素晴らしさを教えてくれたことや

たくさんの感動、夢を与えてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

長い間、本当にお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です