オールスター2017のMVPは内川とデスパイネが獲得

今年のオールスターは、ソフトバンク勢が大活躍でしたね。

プロ野球のオールスターゲーム2017は2戦ともパ・リーグが勝ち、

第1戦は内川聖一、第2戦はアルフレド・デスパイネと

ソフトバンク勢がMVP(最優秀選手)を獲得しました!

首位の楽天と1.5ゲーム差の2位に位置するソフトバンクだけあって、

やっぱり好調な選手がたくさんいますね。

そんな好調ソフトバンク勢の中でも特に活躍したのが、

チームでクリーンアップを形成する内川とデスパイネの2人。

内川と言えば、今やソフトバンクの不動の4番バッターであり、

毎年のように高打率を残し、抜群の勝負強さがあります。

また、セ・パー両リーグで首位打者を獲得したスゴイ選手なんです。

この日は代打で途中出場して、2打数2安打1打点の結果を残し、

8回には試合を決める一打を放って第1戦のMVPを獲得しました。

今年のオールスターゲーム2017でも、

内川持ち前の勝負強さを発揮した感じになりましたね。

そして、翌日のオールスターゲーム2017第2戦では、

同じソフトバンクのデスパイネがMVPを獲得。

デスパイネは、今年のWBCキューバ代表としても3本塁打と活躍し、

ロッテを自由契約となりソフトバンクに移籍した今年は、

前半終了時点で、本塁打と打点が昨年を上回りそうな成績を残しています。

この日は4回に放った同点ソロホームランを含む

4打数3安打1打点の活躍を見せてくれました。

なんでロッテは、デスパイネと契約を延長しなかったんでしょうか。

今年の活躍を見る限り、少しもったいなかったと思います。

ソフトバンクは、MVPを獲得した内川が4番、デスパイネが5番に座り、

今年のホームラン競争で第1戦、第2戦ともに優勝したギータこと

柳田悠岐が3番に座る超強力なクリーンアップを形成しています。

今や12球団最強とも言われるセ・リーグの広島カープ打線にも

全く引けを取らないか、それ以上かもしれない威力があります。

このオールスターでの活躍をそのまま後半戦でも発揮できれば、

2015年以来のパ・リーグ制覇も見えてくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です