ホームランダービーで優勝した柳田悠岐の打球がスゴイ!

2017年オールスターゲームのホームランダービーで優勝した

ソフトバンクの柳田悠岐が放つ打球がスゴイのはなぜなんだろう?

今年のホームランダービーで優勝した柳田悠岐の打球は、

他の選手と比べて飛距離が全然違うんですよね。

いろいろ調べてみたけど、その秘密はスイングスピードにありました。

もちろん、元々持っている身体能力がズバ抜けているのもありますが、

その身体能力から生み出されるスイングスピードは球界トップクラス。

今の球界では、ヤクルトのバレンティンや山田哲人なども

かなりのスイングスピードを誇ると言われていますが、

柳田悠岐のスイングスピードも負けていません。

実際、柳田悠岐が繰り出すスイングスピードは、

150キロ台後半もあると言われています。

まあ、あの驚異的なフルスイングを見ていたら

相当なスピードが出ているだろうなとは思っていました。

だって、スイングした後にヘルメットが飛んでいきますからね。

ヘルメットを飛ばすと言えば、長嶋茂雄が有名ですが、

彼の場合は、見た目のカッコよさのためにわざと飛ばしていたようです。

長嶋茂雄ほど空振り三振しても様になる選手は他にいないでしょうね。

確か空振りした時にヘルメットが飛びやすいように、

少しサイズが大きめのヘルメットを被っていたという噂があります。

ちょっと話がそれてしまいましたが、

それだけ柳田悠岐のスイングスピードが優れているんです。

因みに、同じ左打者でメジャーリーグでも活躍した

あの松井秀喜も150キロ台後半のスイングスピードがあったみたいです。

私が初めて柳田悠岐の打球のスゴさを知ったのは、

2年前の横浜スタジアムでの特大ホームランだったと思います。

柳田悠岐が放った打球はセンター方向にグングン伸びていき、

最終的には、スコアボードに直撃する衝撃の一発でした。

その飛距離は、推定150メートルというから驚きです!

今年のオールスターゲームでのホームランダービーでこそ、

最長飛距離は140メートルに留まりましたが、

第1戦では、飛距離上位4本を全て柳田悠岐が独占していました。

打球を飛ばすだけなら今球界で1、2を争うでしょう。

第1戦に続き、第2戦もホームランダービーを制覇した柳田悠岐は、

今現在、打撃絶好調で本塁打、打率、打点でトップの成績です。

ホームランダービーで2日連続優勝した勢いのまま

三冠王の偉業を成し遂げてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です