山下泰裕さんがJOC選手強化本部長に就任

かつて「世界の山下」と呼ばれた男が日本選手の大きな味方になりました。

この間、ロサンゼルス五輪金メダリストの山下泰裕さんが、

JOC(日本オリンピック委員会)選手強化本部長に就任したようですね。

これは、日本選手団にとって本当に心強いんじゃないかと思います。

山下泰裕さんと言えば、あのプーチン大統領をはじめ、

世界中の柔道家が尊敬する史上最強の柔道家で、

ロサンゼルス五輪では、無差別級で金メダルを獲得した方です。

右足に怪我を負いながらも不屈の精神で戦い抜いた

モハメド・ラシュワンとのロサンゼルス五輪決勝は、

伝説の試合として今でも語り継がれています。

しかも、公式戦で203連勝という大記録を作り、

外国人選手相手には一度も負けていなというから驚きです。

こんな強い柔道家は、今世界中どこを探してもいないでしょう。

外国人選手相手に負けないということは、

日本代表になって五輪や世界選手権に出場すれば、

100%優勝するということですからね。

そんな史上最強の柔道家である山下泰裕さんが、

東京五輪に向けてJOC選手強化本部長に就任したんです。

山下泰裕さんは、東京五輪を成功させるために、

「東京五輪で燃え尽きる覚悟で死ぬ気で頑張る」

と会見でコメントされていますね。

ひょっとしたら、山下泰裕さんのJOC選手強化本部長就任で、

金メダルの量産が期待できるかもしれません。

ただ、少し気になる点があるんですよね。

それは、様々な要職に就いているので、

体力的に厳しんじゃないかという点です。

現在、全柔連会長、東海大副学長、国際柔道連盟理事、

味の素ナショナルトレーニングセンター長など、

いくつかの要職を掛け持ちしています。

いくら世界を圧倒した山下泰裕さんであっても、

60歳を超えると体力が持たない可能性も十分に考えられます。

本人は何も問題ないとおっしゃっているみたいですが、

無理のない範囲内でJOC選手強化本部長を頑張ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です