サッカー日本代表メンバーが発表 注目は初招集の杉本健勇

いよいよワールドカップ予選も大詰めを迎えますね。

ワールドカップ出場をかけた残り2試合に向けて、

サッカー日本代表メンバー27人が発表されましたが、

なかなか面白そうな選手も今回選ばれています。

GKは、東口順昭や中村航輔といった若い選手も選ばれていますが、

やっぱり大事な局面となる残り2試合は川島永嗣が守護神を務めそうです。

DFでは、今や日本の守備の要となった吉田麻也の他、

長友佑都、酒井宏樹、酒井高徳などが順当に選ばれました。

MFでは、香川真司に加えて、先日ヘタフェに移籍した柴崎岳や

日本の不動のキャプテン長谷部誠らが復帰。

安定感のある山口蛍とのダブルボランチが復活ですね。

そして、注目のFWですが、先日メキシコのパチューカに移籍して、

デビュー戦で初ゴールを決めた本田圭佑が選ばれました。

他にも、プレミアで開幕から2戦連発と絶好調の岡崎慎司、

怪我から復帰の大迫勇也、今や日本のエースとなった久保裕也、

1年ぶりに武藤嘉紀も選ばれていますね。

中でも、個人的に気になったのが、セレッソ大阪の杉本健勇です。

現在、Jリーグで得点ランキング2位の14得点をマークする好調ぶりで、

身長187cmという大型FWで高さの面でも期待できることから、

ハリルホジッチ監督の目にとまり今回初選出されたようです。

杉本健勇は、身長187cmという大柄なわりにテクニックもあり、

ゴール前で前を向いてプレイすると面白いと思います。

大柄選手が揃うオーストラリア戦では必ず途中出場するでしょう。

もし、ワールドカップ予選でデビュー戦ゴールを決めると、

過去に日本代表監督や日本サッカー協会会長も務めた

日本サッカー界のレジェンド長沼健氏以来63年ぶりの大快挙になります。

今回のサッカー日本代表メンバー27人が発表された中で、

日本の秘密兵器として選ばれた杉本健勇が、

ゴールを決めて日本をワールドカップ出場に導くのか。

8月31日のオーストラリア戦で彼のプレイに注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です