福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ史上最速で優勝

工藤監督率いる福岡ソフトバンクホークスが西武を7-3で破り、

パ・リーグ史上最速で2年ぶり20回目となる優勝を果たしました。

この日は、今やチームのエースにまで成長した東浜が先発し、

西武打線を6回2安打1失点9奪三振という素晴らしい内容で抑え、

その後のモイネロ、岩崎、サファテも見事な継投を見せました。

今年の福岡ソフトバンクホークスの強さを見ていたら、

パ・リーグ史上最速での優勝もうなずけますね。

今年の福岡ソフトバンクホークスの野球を振り返ってみると、

柳田やデスパイネを軸にした打線も強力なんですが、

本当の強さの秘密は、ディフェンスの高さにあると思います。

9月17日時点で、東浜がリーグトップの16勝を挙げており、

千賀が13勝、バンデンハークが12勝と先発陣が安定。

この先発陣後ろには、岩崎を中心とした強力中継ぎ陣に、

50セーブを達成した絶対的守護神サファテも控えています。

加えて、両リーグトップの堅い守備力も持ち合わせているのです。

9月17日時点での失策数は、両リーグ最少の35個しかありません。

この鉄壁の守備陣と強力な救援陣がいることで、

先発投手は初回から思い切った投球ができます。

初回から全力で飛ばして投げたとしても、

最後には、きちんとサファテが抑えてくれるから安心です。

よくここまで投手を中心とした高い守備力を鍛え上げて、

他を圧倒するチームを作り上げたなと感心しています。

これも全て昨年の悔しい経験があったからこそ

成し得ることができたんだろうと思います。

日本ハムに11.5ゲーム差をひっくり返されたのは、

それまで2連覇中だった王者・福岡ソフトバンクホークスにとって、

かなりの屈辱的なことだったに違いないでしょう。

今年は、その借りを返すために1年間必死に練習し、

それが、優勝という形で実を結ぶことができたんだと思います。

日本シリーズ進出には、まだクライマックスシリーズの

ファイナルステージを勝ち抜かなければなりません。

しかし、今年の鉄壁の守備力があれば、

日本シリーズ進出も難なく決めるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です