離婚をしたい女性の理由とは?

近年は、男性よりも女性の方が離婚したいという方が多いらしい。

女性が男性に離婚を求めるケースとしては、旦那さんの浮気や暴力、経済的な不安などが挙げられます。

このような日頃の旦那さんの素行に我慢ができなくなってしまい、離婚に向けて裁判をしたいと思っている女性が増えてきているというわけなのです。

離婚をする場合、男性から離婚を求めるケースと比べて、女性から離婚を求めるケースの方が、高い確率で離婚することができることが多い。

しかもです、大抵の離婚問題の場合、裁判まで行って時間を掛けなくても、お互いの話し合いによる協議離婚によって問題を解決して離婚に持っていくことができるのだとか。

女性から離婚を求めるケースの方が離婚しやすいのは、現在の日本の法律の特性にあると言われていて、

日本の法律では、弱い立場の女性を優位になるような法律になっていることから、一人で生活していくのには困難な経済的弱者として扱われている女性ができるだけ離婚しないように法律が作られているのが実情です。

ですが、中には奥さんが離婚したいと言っても、旦那さんがなかなか離婚に応じてくれないケースも。

「離婚をすると自殺してやる!」とハッタリを言って脅されたり、必死で泣いて謝られたりして、離婚したくてもなかなかできないケースです。

もしも、男性がなかなか離婚に応じてくれなくても、何も心配することはありません。

きちんと離婚問題の知識を身につけてしまえば、時間や費用を掛けずに容易に離婚することができるので、経済的に苦しい女性としては助かります。

また、知識があれば、ただ時間や費用を掛けずに済むだけでなく、さらに慰謝料をたくさん貰うことだってできてしまうのです。

仮想通貨で資金調達するICOで儲ける人がいる

最近わたしの周りでは仮想通貨で大儲けしている方が増えています。

仮想通貨は株と同じように安くなったら買い、高くなったら売って利益を取る儲け方が一般的ですが、知り合いがやっているのがICO(Initial Coin Offering)という方法で儲ける方法です。

企業が株式上場して資金を調達するように、仮想通貨を発行して資金を調達する方法をICOと言います。

未公開株を購入するようなイメージで、投資家は企業が発行するトークン(独自の仮想通貨)を購入します。

すると毎月の配当がビットコインで支払われるという仕組みです。

企業が成長するかどうか明確でないためにリスクも大きいのですが、利回りが良いのが特徴です。

さらに支払われるビットコインの価値がどんどん値上がりするので2度美味しいというもの。

とても勇気がいるのですが、選ぶ企業さえ間違わなければ数百万も簡単に貸せるそうです。

お金に余裕があるかたにしかできない。きがする。