恩師野村監督の人生訓で第二の人生を復活した元野球選手

皆さんは、1996年にドラフトで5位で、当時野村監督がいるヤクルトに入団し、野村監督の秘蔵っ子として、代打の切り札として活躍した副島孔太選手を覚えていますか?

30歳で戦力外通告をうけ、その後、野球の表舞台から姿を消してしまいましたが、恩師である野村監督の人生訓である事業を行い一発逆転の成功を収めています。

副島選手の野球引退後の第二の人生は厳しい現実が待っていました。生活のために鉄板焼きでバイト生活をしていましたが、野球しかやってこなかった副島選手は「自分には何も残っていないと」生きる目標を失い抜け殻になっていたそうです。

そんなある日、たまたま自分が現役時代に野村監督の指導を書き残した “野村ノート” を見つけました。そこには『人生-野球=0』の人間にはなるな!!と、恩師である野村監督の人生訓が書かれていたそうです。

その人生訓がきっかけになり、副島選手は1000万円をかけて学習塾を開業。実は、副島選手は名門校である桐蔭学園に通っていた秀才だったのです。

自分は、野球だけではなく勉強も一生懸命やっていたことが今になっては自分の財産だと思い「勉強の大切さを伝いえた。」と思い学習塾をはじめたそうです。

その学生塾では、子供達1人1人のデーターをファイルにまとめ、そのデーターを元に講師に教育方針を指導。その結果、開業してたった1年にして生徒数が50人以上を抱える人気の学習塾に!

その学習塾の中には、副島選手が一番大好きな野村監督の言葉が貼ってあります。

心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

現在、副島選手はさらに野球塾も開校。新しいビジネスにもチャレンジしています。

早実の清宮がプロ志望届を提出しプロ入り表明!

怪物高校生が、いよいよプロ野球の世界に挑戦する決意をしたようです。

高校通算本塁打記録を持つ注目の早稲田実業・清宮幸太郎が、

ついにプロ志望届を提出し、プロ入りを表明しました!

日本中の野球ファンが、待ち望んでいたであろうプロ入り表明。

早実の清宮幸太郎が、プロ志望届を提出するまでは、

早稲田大学に進学するか、それともプロの道に進むか、

各スポーツ紙でいろんな憶測が流れていました。

個人的には、早稲田大学には進学しないで、

すぐにプロの道に進むべきだと思っていたので、

清宮幸太郎のプロ志望届提出は少しホッとしています。

だって、高校通算本塁打記録111本も打っている打撃技術は、

おそらく、大学生の中に入ってもズバ抜けてるでしょうからね。

最近では、逆方向へ打つ技術がさらに向上してきたように感じます。

それだけの打撃技術を持っているのならば、

今すぐにでもプロ野球の世界に飛び込むべきなんです。

大学に進学して4年間野球をするのが悪いとは言いません。

しかし、すでに大学生の中に入ってもトップクラスの能力があるなら、

わざわざ4年間遠回りする必要はないんじゃないでしょうか。

大学で4年間野球するよりは、絶対にプロでの経験の方が、

経験できる練習の質が高いのは間違いありません。

それに、将来メジャーリーグへの挑戦を目指しているのならば、

少しでも早くプロに入った方が若い年齢で挑戦できます。

大学に進学すれば、メジャーリーグへ挑戦できる年齢は、

確実に4年間遅れてしまいますからね。

どうせ最終的にメジャーリーグに挑戦するならば、

油の乗った時期に行ってもらいたいので、

やっぱり清宮幸太郎のプロ入り表明は正しい選択だったと思います。

果たして、プロ志望届を提出してプロ入りを表明した清宮幸太郎は、

一体どこの球団に入団することになるんでしょうか。

運命の日である10月26日のドラフト会議が今から楽しみです。

広島カープが優勝して37年ぶりのリーグ連覇達成!

2017年のプロ野球セントラル・リーグのペナントレースは、

昨年の覇者・広島カープが、今シーズンも他球団を圧倒する強さで優勝!

昨年に続く優勝は、広島カープでは37年ぶりのリーグ連覇だとか。

これだけ強いと80年代の時のような黄金時代到来の予感がしますね。

でも、どうして広島カープはここまで強い常勝軍団へと成長したのか。

今年も広島カープが優勝し、37年ぶりのリーグ連覇を達成した要因は、

若手投手陣の成長、選手層の厚さ、次の塁を狙う走塁の意識、

チームバッティングなど挙げればたくさんあります。

まずは、若手投手陣の成長について。

昨年まで、投手陣のリーダー的存在である黒田博樹がいました。

その黒田が引退して、先発投手が手薄になると予想されていたんです。

ところが、いざ開幕してみたら、薮田和樹、岡田明丈、大瀬良大地

といった若手投手が活躍して、見事に黒田の穴を埋めました。

昨年大活躍したクリス・ジョンソンや野村祐輔の出遅れもカバーし、

見事にチームの開幕ダッシュにも貢献していましたね。

そして、広島カープの強さは選手層の厚さにもあります。

記憶に新しいのが、鈴木誠也に代わって4番に座った松山竜平です。

4番の鈴木誠也が骨折して離脱しましたが、

代わりに4番に座った松山竜平が4割超えの活躍で、

鈴木の離脱による打線の戦力ダウンをカバーしたのは大きかったです。

優勝へのラストスパートは彼のおかげだと言っても過言ではありません。

また、広島カープの伝統でもある機動力を駆使した野球で、

次の塁を狙う意識が高かったのも得点力アップに繋がったと思います。

よく盗塁やセーフティーバントなどで相手投手を崩していましたからね。

あれだけ走られたら相手はものすごく嫌だったはずです。

あと、チームバッティングもよく見かけることができました。

相手が嫌がるゴロ、つまり進塁打を狙って打つことで、

アウトで得点を奪うそつのない野球もできていましたね。

こういった要因がいくつも重なったことで広島カープは優勝し、

37年ぶりのリーグ連覇を達成することができたんです。

福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ史上最速で優勝

工藤監督率いる福岡ソフトバンクホークスが西武を7-3で破り、

パ・リーグ史上最速で2年ぶり20回目となる優勝を果たしました。

この日は、今やチームのエースにまで成長した東浜が先発し、

西武打線を6回2安打1失点9奪三振という素晴らしい内容で抑え、

その後のモイネロ、岩崎、サファテも見事な継投を見せました。

今年の福岡ソフトバンクホークスの強さを見ていたら、

パ・リーグ史上最速での優勝もうなずけますね。

今年の福岡ソフトバンクホークスの野球を振り返ってみると、

柳田やデスパイネを軸にした打線も強力なんですが、

本当の強さの秘密は、ディフェンスの高さにあると思います。

9月17日時点で、東浜がリーグトップの16勝を挙げており、

千賀が13勝、バンデンハークが12勝と先発陣が安定。

この先発陣後ろには、岩崎を中心とした強力中継ぎ陣に、

50セーブを達成した絶対的守護神サファテも控えています。

加えて、両リーグトップの堅い守備力も持ち合わせているのです。

9月17日時点での失策数は、両リーグ最少の35個しかありません。

この鉄壁の守備陣と強力な救援陣がいることで、

先発投手は初回から思い切った投球ができます。

初回から全力で飛ばして投げたとしても、

最後には、きちんとサファテが抑えてくれるから安心です。

よくここまで投手を中心とした高い守備力を鍛え上げて、

他を圧倒するチームを作り上げたなと感心しています。

これも全て昨年の悔しい経験があったからこそ

成し得ることができたんだろうと思います。

日本ハムに11.5ゲーム差をひっくり返されたのは、

それまで2連覇中だった王者・福岡ソフトバンクホークスにとって、

かなりの屈辱的なことだったに違いないでしょう。

今年は、その借りを返すために1年間必死に練習し、

それが、優勝という形で実を結ぶことができたんだと思います。

日本シリーズ進出には、まだクライマックスシリーズの

ファイナルステージを勝ち抜かなければなりません。

しかし、今年の鉄壁の守備力があれば、

日本シリーズ進出も難なく決めるかもしれませんね。

花咲徳栄が広陵に10点差をつけて埼玉県勢初優勝!

どちらが勝っても夏の甲子園初優勝となる花咲徳栄高校と広陵高校の決勝戦。

強打を誇る両校の一戦は、埼玉県代表の花咲徳栄高校が、

広陵高校に10点差をつける圧勝劇で、全国3839校の頂点に立ちました!

花咲徳栄高校の優勝は、埼玉県勢初優勝という快挙だそうです。

前評判では、中村奨成率いる広陵高校が有利との声が多かったのですが、

個人的には、花咲徳栄高校が有利ではないかと考えていました。

と言うのも、両校とも強力な打線を誇りますが、

実は、両校には明らかな戦力差があったからです。

それは、投手力が圧倒的に花咲徳栄高校の方が高かったことです。

準優勝に敗れた広陵高校は、今大会準決勝までの防御率は4点台でしたが、

優勝した花咲徳栄高校の防御率は、わずか1点台だったんです。

このように、両校の投手陣の防御率は4倍もの差があり、

実際の試合でも、14-4と4倍近い得点差になりました。

やはり野球はバッテリーを中心とする守備力が高い方が有利です。

もちろん、得点を取らないと勝つことはありませんが、

逆に考えれば、得点を取られなければ負ける確率は低くなります。

花咲徳栄高校は、綱脇慧と清水達也の2人がともに防御率1点台。

2人とも制球力が抜群によかったので四球も少なかったし、

継投で2番手に登板した清水は、今大会最速の球を投げます。

一方、広陵高校は、どうしても投手陣がある程度失点してしまうので、

準決勝までは、中村奨成を中心とする打力でカバーしてきましたが、

決勝戦では、花咲徳栄高校の2人に見事に抑え込まれた感じです。

来年2018年は、節目となる第100回記念大会となります。

今年頂点に立った花咲徳栄が再び全国の頂点に立って連覇を果たすのか。

それとも、決勝で敗れた広陵高校をはじめとする他の高校が、

リベンジを果たして新たな王者に輝くのか。

今から来年の夏の高校野球がとても楽しですね。

中村奨成が清原和博を超える6本目を放ち通算本塁打数新記録!

今大会で大ブレイクした広陵高校の怪物・中村奨成が、

32年前にPL学園の清原和博が記録した5本塁打を超える

今大会通算6本目となる本塁打を放って新記録を達成しました!

まさか中村奨成がここまで打つ選手だとは思ってもいなかったので、

清原和博を超える6本目の通算本塁打数を記録したのには驚きです。

また、最多打点数17打点、最多塁打数38塁打といった新記録や、

最多安打数19安打、最多二塁打数6本などの大会タイ記録も作るなど、

彼にとって次々と記録を塗り替えた大活躍の大会になりましたね。

このように、打ちに打ちまくった中村奨成ですが、

実は、清原和博を超える6本目の通算本塁打数記録を達成できたのには、

インコースを苦にしないバッティング技術にあると私は考えています。

彼のバットは、トップの位置から体に近い最短距離を通って、

スイングスピードを落とすことなくボールをとらえています。

なので、インコースに速い直球を投げ込まれても、

力負けすることなく、しっかりと振り抜いてボールを飛ばせるのです。

この無駄のないコンパクトスイングが生み出すインコース打ちこそ、

中村奨成の真骨頂ではないのかと思うのです。

確か日本プロ野球界随一のインコース打ちのスペシャリスト

巨人の坂本勇人の打ち方をお手本にしているらしいです。

もう今はかなり自信を持ってバットを振っている感じがしますね。

試合を重ねるごとにバッティング技術が上がっていると思います。

でも、中村奨成のスゴイのは守備力も高いところです。

肩がかなり強くて、セカンドのへの送球タイムが平均1.8秒と、

プロでも速いと言われる2.0秒を上回る速さです。

それに、体の大きさの割には、動きに俊敏性があるため、

ボールを取ってから立ち上がって2塁に送球するまでの動作が

高校生離れしたスピードを誇っているのです。

常にランナーを刺してやろうという意識も見られ、

ランナーはなかなか盗塁をできないんじゃないでしょうか。

おそらく、今年のドラフト会議で指名されると思いますが、

中村奨成ならきっとプロでも通用するはずです。

そして、数年後には間違いなく日本球界を代表する

メジャーも狙えるような素晴らしい選手になっているでしょう。

ホームランダービーで優勝した柳田悠岐の打球がスゴイ!

2017年オールスターゲームのホームランダービーで優勝した

ソフトバンクの柳田悠岐が放つ打球がスゴイのはなぜなんだろう?

今年のホームランダービーで優勝した柳田悠岐の打球は、

他の選手と比べて飛距離が全然違うんですよね。

いろいろ調べてみたけど、その秘密はスイングスピードにありました。

もちろん、元々持っている身体能力がズバ抜けているのもありますが、

その身体能力から生み出されるスイングスピードは球界トップクラス。

今の球界では、ヤクルトのバレンティンや山田哲人なども

かなりのスイングスピードを誇ると言われていますが、

柳田悠岐のスイングスピードも負けていません。

実際、柳田悠岐が繰り出すスイングスピードは、

150キロ台後半もあると言われています。

まあ、あの驚異的なフルスイングを見ていたら

相当なスピードが出ているだろうなとは思っていました。

だって、スイングした後にヘルメットが飛んでいきますからね。

ヘルメットを飛ばすと言えば、長嶋茂雄が有名ですが、

彼の場合は、見た目のカッコよさのためにわざと飛ばしていたようです。

長嶋茂雄ほど空振り三振しても様になる選手は他にいないでしょうね。

確か空振りした時にヘルメットが飛びやすいように、

少しサイズが大きめのヘルメットを被っていたという噂があります。

ちょっと話がそれてしまいましたが、

それだけ柳田悠岐のスイングスピードが優れているんです。

因みに、同じ左打者でメジャーリーグでも活躍した

あの松井秀喜も150キロ台後半のスイングスピードがあったみたいです。

私が初めて柳田悠岐の打球のスゴさを知ったのは、

2年前の横浜スタジアムでの特大ホームランだったと思います。

柳田悠岐が放った打球はセンター方向にグングン伸びていき、

最終的には、スコアボードに直撃する衝撃の一発でした。

その飛距離は、推定150メートルというから驚きです!

今年のオールスターゲームでのホームランダービーでこそ、

最長飛距離は140メートルに留まりましたが、

第1戦では、飛距離上位4本を全て柳田悠岐が独占していました。

打球を飛ばすだけなら今球界で1、2を争うでしょう。

第1戦に続き、第2戦もホームランダービーを制覇した柳田悠岐は、

今現在、打撃絶好調で本塁打、打率、打点でトップの成績です。

ホームランダービーで2日連続優勝した勢いのまま

三冠王の偉業を成し遂げてほしいですね。

オールスター2017のMVPは内川とデスパイネが獲得

今年のオールスターは、ソフトバンク勢が大活躍でしたね。

プロ野球のオールスターゲーム2017は2戦ともパ・リーグが勝ち、

第1戦は内川聖一、第2戦はアルフレド・デスパイネと

ソフトバンク勢がMVP(最優秀選手)を獲得しました!

首位の楽天と1.5ゲーム差の2位に位置するソフトバンクだけあって、

やっぱり好調な選手がたくさんいますね。

そんな好調ソフトバンク勢の中でも特に活躍したのが、

チームでクリーンアップを形成する内川とデスパイネの2人。

内川と言えば、今やソフトバンクの不動の4番バッターであり、

毎年のように高打率を残し、抜群の勝負強さがあります。

また、セ・パー両リーグで首位打者を獲得したスゴイ選手なんです。

この日は代打で途中出場して、2打数2安打1打点の結果を残し、

8回には試合を決める一打を放って第1戦のMVPを獲得しました。

今年のオールスターゲーム2017でも、

内川持ち前の勝負強さを発揮した感じになりましたね。

そして、翌日のオールスターゲーム2017第2戦では、

同じソフトバンクのデスパイネがMVPを獲得。

デスパイネは、今年のWBCキューバ代表としても3本塁打と活躍し、

ロッテを自由契約となりソフトバンクに移籍した今年は、

前半終了時点で、本塁打と打点が昨年を上回りそうな成績を残しています。

この日は4回に放った同点ソロホームランを含む

4打数3安打1打点の活躍を見せてくれました。

なんでロッテは、デスパイネと契約を延長しなかったんでしょうか。

今年の活躍を見る限り、少しもったいなかったと思います。

ソフトバンクは、MVPを獲得した内川が4番、デスパイネが5番に座り、

今年のホームラン競争で第1戦、第2戦ともに優勝したギータこと

柳田悠岐が3番に座る超強力なクリーンアップを形成しています。

今や12球団最強とも言われるセ・リーグの広島カープ打線にも

全く引けを取らないか、それ以上かもしれない威力があります。

このオールスターでの活躍をそのまま後半戦でも発揮できれば、

2015年以来のパ・リーグ制覇も見えてくるかもしれません。

鉄パイプが中島宏之選手に落下して京セラドーム一時騒然

大きな怪我にならなくて本当に良かったと思います。

先日、京セラドームで鉄パイプがオリックスの中島宏之選手に落下し、

京セラドーム内は、一時騒然となっていましたね。

練習中にボールなどが飛んで当たることはたまにありますが、

まさか鉄パイプが上から落下してくるなんて、

中島宏之選手も全く考えてもいなかったでしょうね。

なぜ、このような事故が起こってしまったかというと、

それは、外野スタンドの看板設置作業でのミスが原因みたいです。

この日の京セラドームでは、オリックス対ロッテ戦の試合前に、

外野スタンド5階席において看板広告の設置作業が行われていました。

その際に、看板資材の鉄パイプを作業員が落としてしまったとか。

おそらく、手が滑ってしまったんでしょう。

中島宏之選手に落下してきた鉄パイプは、

長さ2メートルで重さは6キロもあったそうです。

看板に使う資材だから結構大きいですよね。

こんな大きな鉄パイプが、中島宏之選手に落下したきたんです。

試合前に外野グラウンドでストレッチをしていた中島宏之選手は、

鉄パイプが上から落下してきたことに気づいていなかったようです。

周囲の「危ない!」という声やトレーナーが体を押してくれたことで、

何とか体を動かして避けようとはしたみたいですが、

ワンバウンドした鉄パイプに当ってしまったとか。

でも、グラウンドに一度バウンドしてからで良かったですね。

鉄パイプは、縦に突き刺さるような感じで落ちてきたので、

もし、中島宏之選手が少しでも逃げ遅れていたら、

直撃して体のどこかに突き刺さっていた可能性も十分に考えられます。

ワンバウンドしてから当たったので打撲程度で済みましたが、

直撃していたら大事故になっていたかもしれません。

もう二度とこのような事故が起こらないためにも、

落下防止を考慮した安全設備を設置するなど、

早急に作業マニュアルの改善に努めてほしいですね。

西武の森慎二投手コーチが多臓器不全で死去

西武ライオンズの森慎二投手コーチが多臓器不全で死去したと聞いて、

まだ42歳と若いのに本当にビックリしましたね。

辻監督をはじめ、西武ライオンズの選手やファンは、

森慎二投手コーチの訃報を聞いて、相当ショックを受けているでしょう。

確か亡くなった6月28日の3日前は、ソフトバンクとの試合のために、

監督や選手、他のコーチらと共に福岡入りしていたそうなのです、

その後、急に体調が悪くなったんでしょうか。

森慎二投手コーチが発症した多臓器不全という病気は、

生命維持に必要な7つの臓器のうち複数の臓器が機能しない状態を言います。

多臓器不全を発症する原因はいろいろ考えられますが、

森慎二投手コーチの場合は、溶連菌の感染による敗血症だそうです。

最近の森慎二投手コーチのことはあまりよく知りませんが、

現役で投げている時のことは、今でも鮮明に覚えています。

左足を高く上げて投げる独特の投球フォームで、

150km以上の速球と大きく落ちるフォークボールを武器に、

バッタバッタと三振を奪っていく投手でした。

ものスゴイ威力がある良い速球を投げる若い投手が、

西武ライオンズに入団したきたなと当時は思っていました。

しかも、ルーキーイヤーから6勝2敗9セーブという成績を残し、

4年目には自己最高の23セーブを上げるなど、

西武ライオンズの中継ぎ・抑えとして大活躍しました。

そして、現役を引退した現在は投手コーチとして、

再び西武ライオンズのユニフォームに袖を通し、

若手の育成に尽力していたところだったんです。

多和田真三郎投手や高橋光成投手といった若手投手は、

森慎二投手コーチが育てたと言っても良いでしょう。

若手投手と言えば、西武ライオンズに入団して間もない頃の

あの松坂大輔投手もお世話になった若手の一人です。

若手時代の松坂大輔投手を弟のように可愛がり、

よく面倒を見ていたのが森慎二投手コーチでした。

西武ライオンズは、現在3位とまだまだ優勝を狙える位置にいます。

志半ばで亡くなった森慎二投手コーチのためにも、

チーム一丸となって何とか優勝を目指して頑張ってほしいですね。