サニブラウンが100m決勝10秒05で日本選手権初優勝

陸上の日本選手権、男子100m決勝で優勝したのは、桐生祥秀でもなく、

ケンブリッジ飛鳥でもなく、18歳のサニブラウン・ハキームでした。

夏の世界陸上の代表選考を兼ねた今年の日本選手権男子100m決勝。

出場8人中5人が10秒0台の自己記録を持つ大混戦の中、

サニブラウン・ハキームが大会タイ記録となる10秒05で

自身日本選手権初優勝となり、世界陸上のこの種目代表を決めました。

大会前は、10秒0台の記録を持つ有力選手が揃い踏みで、

記録の出やすい長居陸上競技場で開催されることから、

いよいよ日本人初の9秒台が出るんじゃないかと期待していました。

しかし、残念ながら天候が雨で9秒台は次回以降に持ち越しに。

それでも、若いサニブラウンが台頭してきたことには、

これからの日本男子短距離界にとって良かったんじゃないでしょうか。

正直言って、まさかサニブラウンが勝つとは思っていなかったので、

今回の強い勝ち方を見て本当にビックリしました。

桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、山県亮太、多田修平の実力者4人を

ほぼ寄せ付けない圧勝と言ってもいい走りだったと思います。

このプレッシャーのかかる大きな舞台での優勝と自己ベスト更新は、

メンタルが相当強くないとできることではありません。

しかも、雨が降る悪条件での好記録ですからかなり評価できます。

ひょっとしたら、桐生祥秀よりも先に9秒台を出すかもしれませんね。

伊達に世界ユース選手権で100・200mの2冠を達成し、

200mではあのボルトの大会記録を更新しただけのことはあります。

そして、100mを制した勢いに乗って挑んだ200mでも、

20秒32の自己ベストで飯塚翔太を破って見事に優勝しました。

それまでのレースの疲労がある中での記録だったので、

ベストの状態だったらもう少しいい記録が出たかもしれません。

前回の世界陸上では、200mで準決勝進出を果たしましたが、

今回は、決勝進出を目指して頑張って欲しいところです。

ボルトが今回の世界陸上で最後になるそうなので、

個人的には、サニブラウンをリレーのアンカーに起用し、

最後の直線での対決を見てみたいなと思っています。

早く世界陸上でのサニブラウンの走りを見たいですね。

桐生祥秀が織田記念優勝も向かい風で9秒台ならず

風が味方をしてくれていたら、9秒台の可能性も十分にありましたね。

今年の夏ロンドンで開催される世界陸上の代表選考も兼ねた織田記念で、

男子100メートルに出場した桐生祥秀選手が向かい風0.3メートルの中、

10秒04という好タイムで危なげなく優勝しました!

今回の織田記念は、ロンドン世界陸上の代表選考の兼ねていたので、

しっかりタイムを出して優勝したのは良かったんですが、

何だか悔しいというか本当に惜しかったですね。

誰よりも桐生祥秀選手が一番悔しかったと思いますが、

向かい風0.3メートルというあまり良くない条件だったために、

日本人初の9秒台とはなりませんでした。

タイミングが悪かったと言うか、運がなかったと言うしかありません。

だって、たった15分前に行われた女子100メートルB決勝では、

追い風2.0メートルという最高の条件でしたからね。

では、もし追い風2.0メートルという条件で走れていたら、

一体結果はどうなっていたんでしょうか。

気になったのでいろいろ調べてみると、

向かい風0.3メートルの場合、0.027秒遅くなるそうです。

つまり、今回の決勝での走りで単純計算した場合、

追い風0.3メートルあれば、ギリギリ9.99が出ていたかもしれません。

そして、追い風2.0メートルなら、9秒86ぐらい出ていたと思われます。

まあ追い風2.0メートルとまでいかなくても、

ほんのちょっと追い風が吹いていたら9秒台だったでしょう。

あと、今回の桐生祥秀選手が優勝した織田記念には、

最大のライバルと思われていた山縣亮太選手はケガのよる欠場で、

ケンブリッジ飛鳥選手は米国遠征で出場していません。

もしも、彼らが2人も出場していたら、

もう少し速い記録が出ていたかもしれません。

もちろん、2人が一緒に走ることで体が硬くなってしまい、

思うような走りができなかった可能性もあるため一概には言えません。

今回の決勝だって、30メートル付近で少しバランスを崩していました。

これで、少しはタイムロスがあったはずです。

ただ、安定して10秒0台を出せるようになってきているので、

タイミングさえ合えば、いつ9秒台が出てもおかしくないと思います。

桐生祥秀選手が、安定して好タイムを出せるようになったのには、

冬の時期に行ったトレーニングのおかげだと言われています。

予選を走り終えた後も以前ほど疲労が残らなくなり、

予選の疲労を最後の決勝まで引きずらなくなりました。

また、50メートル以降の後半もスピードがあまり落ちなくなり、

スピードを維持しながら、グングン伸びる走りができています。

このままトレーニングをしっかり積んでいき、

ケガすることなく順調にレースに出場し続ければ、

近いうちに、9秒台を出す確率はかなり高いと予想しています。

9秒台達成と日本記録更新という歴史的瞬間は、

もうすぐそこまで近づいてきています。

今後の桐生祥秀選手の走りにはもう目が離せませんね。