サッカー日本代表メンバーが発表 注目は初招集の杉本健勇

いよいよワールドカップ予選も大詰めを迎えますね。

ワールドカップ出場をかけた残り2試合に向けて、

サッカー日本代表メンバー27人が発表されましたが、

なかなか面白そうな選手も今回選ばれています。

GKは、東口順昭や中村航輔といった若い選手も選ばれていますが、

やっぱり大事な局面となる残り2試合は川島永嗣が守護神を務めそうです。

DFでは、今や日本の守備の要となった吉田麻也の他、

長友佑都、酒井宏樹、酒井高徳などが順当に選ばれました。

MFでは、香川真司に加えて、先日ヘタフェに移籍した柴崎岳や

日本の不動のキャプテン長谷部誠らが復帰。

安定感のある山口蛍とのダブルボランチが復活ですね。

そして、注目のFWですが、先日メキシコのパチューカに移籍して、

デビュー戦で初ゴールを決めた本田圭佑が選ばれました。

他にも、プレミアで開幕から2戦連発と絶好調の岡崎慎司、

怪我から復帰の大迫勇也、今や日本のエースとなった久保裕也、

1年ぶりに武藤嘉紀も選ばれていますね。

中でも、個人的に気になったのが、セレッソ大阪の杉本健勇です。

現在、Jリーグで得点ランキング2位の14得点をマークする好調ぶりで、

身長187cmという大型FWで高さの面でも期待できることから、

ハリルホジッチ監督の目にとまり今回初選出されたようです。

杉本健勇は、身長187cmという大柄なわりにテクニックもあり、

ゴール前で前を向いてプレイすると面白いと思います。

大柄選手が揃うオーストラリア戦では必ず途中出場するでしょう。

もし、ワールドカップ予選でデビュー戦ゴールを決めると、

過去に日本代表監督や日本サッカー協会会長も務めた

日本サッカー界のレジェンド長沼健氏以来63年ぶりの大快挙になります。

今回のサッカー日本代表メンバー27人が発表された中で、

日本の秘密兵器として選ばれた杉本健勇が、

ゴールを決めて日本をワールドカップ出場に導くのか。

8月31日のオーストラリア戦で彼のプレイに注目ですね。

花咲徳栄が広陵に10点差をつけて埼玉県勢初優勝!

どちらが勝っても夏の甲子園初優勝となる花咲徳栄高校と広陵高校の決勝戦。

強打を誇る両校の一戦は、埼玉県代表の花咲徳栄高校が、

広陵高校に10点差をつける圧勝劇で、全国3839校の頂点に立ちました!

花咲徳栄高校の優勝は、埼玉県勢初優勝という快挙だそうです。

前評判では、中村奨成率いる広陵高校が有利との声が多かったのですが、

個人的には、花咲徳栄高校が有利ではないかと考えていました。

と言うのも、両校とも強力な打線を誇りますが、

実は、両校には明らかな戦力差があったからです。

それは、投手力が圧倒的に花咲徳栄高校の方が高かったことです。

準優勝に敗れた広陵高校は、今大会準決勝までの防御率は4点台でしたが、

優勝した花咲徳栄高校の防御率は、わずか1点台だったんです。

このように、両校の投手陣の防御率は4倍もの差があり、

実際の試合でも、14-4と4倍近い得点差になりました。

やはり野球はバッテリーを中心とする守備力が高い方が有利です。

もちろん、得点を取らないと勝つことはありませんが、

逆に考えれば、得点を取られなければ負ける確率は低くなります。

花咲徳栄高校は、綱脇慧と清水達也の2人がともに防御率1点台。

2人とも制球力が抜群によかったので四球も少なかったし、

継投で2番手に登板した清水は、今大会最速の球を投げます。

一方、広陵高校は、どうしても投手陣がある程度失点してしまうので、

準決勝までは、中村奨成を中心とする打力でカバーしてきましたが、

決勝戦では、花咲徳栄高校の2人に見事に抑え込まれた感じです。

来年2018年は、節目となる第100回記念大会となります。

今年頂点に立った花咲徳栄が再び全国の頂点に立って連覇を果たすのか。

それとも、決勝で敗れた広陵高校をはじめとする他の高校が、

リベンジを果たして新たな王者に輝くのか。

今から来年の夏の高校野球がとても楽しですね。

中村奨成が清原和博を超える6本目を放ち通算本塁打数新記録!

今大会で大ブレイクした広陵高校の怪物・中村奨成が、

32年前にPL学園の清原和博が記録した5本塁打を超える

今大会通算6本目となる本塁打を放って新記録を達成しました!

まさか中村奨成がここまで打つ選手だとは思ってもいなかったので、

清原和博を超える6本目の通算本塁打数を記録したのには驚きです。

また、最多打点数17打点、最多塁打数38塁打といった新記録や、

最多安打数19安打、最多二塁打数6本などの大会タイ記録も作るなど、

彼にとって次々と記録を塗り替えた大活躍の大会になりましたね。

このように、打ちに打ちまくった中村奨成ですが、

実は、清原和博を超える6本目の通算本塁打数記録を達成できたのには、

インコースを苦にしないバッティング技術にあると私は考えています。

彼のバットは、トップの位置から体に近い最短距離を通って、

スイングスピードを落とすことなくボールをとらえています。

なので、インコースに速い直球を投げ込まれても、

力負けすることなく、しっかりと振り抜いてボールを飛ばせるのです。

この無駄のないコンパクトスイングが生み出すインコース打ちこそ、

中村奨成の真骨頂ではないのかと思うのです。

確か日本プロ野球界随一のインコース打ちのスペシャリスト

巨人の坂本勇人の打ち方をお手本にしているらしいです。

もう今はかなり自信を持ってバットを振っている感じがしますね。

試合を重ねるごとにバッティング技術が上がっていると思います。

でも、中村奨成のスゴイのは守備力も高いところです。

肩がかなり強くて、セカンドのへの送球タイムが平均1.8秒と、

プロでも速いと言われる2.0秒を上回る速さです。

それに、体の大きさの割には、動きに俊敏性があるため、

ボールを取ってから立ち上がって2塁に送球するまでの動作が

高校生離れしたスピードを誇っているのです。

常にランナーを刺してやろうという意識も見られ、

ランナーはなかなか盗塁をできないんじゃないでしょうか。

おそらく、今年のドラフト会議で指名されると思いますが、

中村奨成ならきっとプロでも通用するはずです。

そして、数年後には間違いなく日本球界を代表する

メジャーも狙えるような素晴らしい選手になっているでしょう。

今人気の水溶性珪素って知ってますか?

スポーツをする際には欠かせない水!

ミネラルが豊富な水をカラダに摂りたいですよね。

そこで、最近、話題になっている水を紹介します。

ケイ素です。

ケイ素は、人間のカラダの中に存在しているミネラルのひとつで、筋肉、腎臓、肝臓、脳、骨、血管、髪、爪など臓器や組織を構成している大切な成分で、コラーゲンのある所には必ず存在しています。

細胞の再生や修復には欠かせません。

しかし、年齢と共に減少してしまうそうです。

また、体内で合成することができないので、食べ物から摂取する必要があります。

どんな食べ物に多く含まれているかと言うと、ケイ素は、食物繊維に含まれているので野菜や海藻類などを食べると言いのですが、

実は、野菜は細胞壁があって、効率よく栄養素を吸収することができません。

栄養を効率良く摂取するには、スムージーなどにしたりして細胞壁を壊すと吸収されやすいと言います。

そこで、登場するのが水溶性珪素です。

ケイ素を吸収しやすくしたのが水溶性珪素なんです。

見た目は水ですが濃縮液なので、それを薄めて使います。

運動などして、筋肉を修復する際にもケイ素は必要なので、運動後に水溶性珪素を薄めた水を飲むと良いかもしれませんね。

日本では、最近注目されるようになりましたが、医療先進国ドイツでは10年以上もサプリメント部門ではケイ素が売上のトップなんだそうです。

美容にも期待されていて、海外ではコラーゲンよりもケイ素の方が人気なんだそうです。

どんな商品か気になる方は、こちらのサイトで紹介されています。ケイ素サプリ比較ランキング人気No.1の秘密とは?

山下泰裕さんがJOC選手強化本部長に就任

かつて「世界の山下」と呼ばれた男が日本選手の大きな味方になりました。

この間、ロサンゼルス五輪金メダリストの山下泰裕さんが、

JOC(日本オリンピック委員会)選手強化本部長に就任したようですね。

これは、日本選手団にとって本当に心強いんじゃないかと思います。

山下泰裕さんと言えば、あのプーチン大統領をはじめ、

世界中の柔道家が尊敬する史上最強の柔道家で、

ロサンゼルス五輪では、無差別級で金メダルを獲得した方です。

右足に怪我を負いながらも不屈の精神で戦い抜いた

モハメド・ラシュワンとのロサンゼルス五輪決勝は、

伝説の試合として今でも語り継がれています。

しかも、公式戦で203連勝という大記録を作り、

外国人選手相手には一度も負けていなというから驚きです。

こんな強い柔道家は、今世界中どこを探してもいないでしょう。

外国人選手相手に負けないということは、

日本代表になって五輪や世界選手権に出場すれば、

100%優勝するということですからね。

そんな史上最強の柔道家である山下泰裕さんが、

東京五輪に向けてJOC選手強化本部長に就任したんです。

山下泰裕さんは、東京五輪を成功させるために、

「東京五輪で燃え尽きる覚悟で死ぬ気で頑張る」

と会見でコメントされていますね。

ひょっとしたら、山下泰裕さんのJOC選手強化本部長就任で、

金メダルの量産が期待できるかもしれません。

ただ、少し気になる点があるんですよね。

それは、様々な要職に就いているので、

体力的に厳しんじゃないかという点です。

現在、全柔連会長、東海大副学長、国際柔道連盟理事、

味の素ナショナルトレーニングセンター長など、

いくつかの要職を掛け持ちしています。

いくら世界を圧倒した山下泰裕さんであっても、

60歳を超えると体力が持たない可能性も十分に考えられます。

本人は何も問題ないとおっしゃっているみたいですが、

無理のない範囲内でJOC選手強化本部長を頑張ってもらいたいです。