乳がん検診を毎年行っていても何故ガンが発見できないのだろう?

TV番組などでも特集が組まれたりして良く聞くようになった乳がん。

私が小さいころは、乳がんという言葉を、そんなに頻繁聞くことはなかったのでは・・・と、今思い出しても感じる。

その為、どこかで乳がんは他人事のように受けとめていました。

ところが、現在、乳がんは女性が発症するガンの1位。10人に1人が発症する確率だと言われ、特に、40代後半から急激に発症するリスクが高くなると言われています。

もう他人事だとは言っていられません。

そもそも乳がんとは?
乳房には、母乳を作る小葉、それを運ぶ乳管があります。この2つから出来ているのが乳腺で、乳腺に発症するのが乳がんです。

乳がんを発症する原因は、遺伝性による発症が5~10%、その他の90%は環境因子によるものと考えられていて、タバコを吸う人、出産年齢が遅い、授乳期間が短い人がなりやすいと言われていますが、はっきりしていません。

乳がんは、早期に発見できれば完治する病気だと言われており、手遅れにならないように、毎年がん検診を受けれれている女性も多いかと思います。

しかし、近年、芸能人でも毎年検査をしているのに、その時には特に異変はなく、半年後とかに異変を感じ病院で検査を行ったら乳がんがリンパ管に転移していた。

このような話を良く聞くことがチョクチョク出てきました。定期的に検査を行えば、早期発見できることが多いのに、どうして、こんなことがおこるのでしょうか?

これに対して、内科医の森田豊先生があるテレビ番組で話していた内容は、極まれに、数か月で数cmになる極めて進行の早いガンがある。という事。

また、乳がん検診と言えば、マンモグラフィや超音波と言った画像検査が行われますが、乳頭の近くに出来たガンの場合は、画像検査ではガンは白く写り、乳頭のまわりも画像では白く写るので見つけにくい場合があるとはなしていました。

しかし、こういったケースは極まれのケース。やはり乳がんの早期発見には定期健診が一番大切だそうです。そこで、検診を受けるポイントをいくつか紹介します。

●信頼できる同じ病院で検査を行う
毎回同じところで、検査を行うと画像で比較することができ、わずかな変化にも気づく事ができます。

●月に1度は自己検診
乳頭の位置や見た目の違い、しこりがないかなどお風呂に入った時に、自分で調べましょう。月経後の乳房が柔らかい時に行うと発見しやすくなります。

あづきのような硬さのしこり、乳頭からの分泌物、乳腺のひきつれなどの違和感を感じたら乳腺外科を受診するようにしましょう。

離婚をしたい女性の理由とは?

近年は、男性よりも女性の方が離婚したいという方が多いらしい。

女性が男性に離婚を求めるケースとしては、旦那さんの浮気や暴力、経済的な不安などが挙げられます。

このような日頃の旦那さんの素行に我慢ができなくなってしまい、離婚に向けて裁判をしたいと思っている女性が増えてきているというわけなのです。

離婚をする場合、男性から離婚を求めるケースと比べて、女性から離婚を求めるケースの方が、高い確率で離婚することができることが多い。

しかもです、大抵の離婚問題の場合、裁判まで行って時間を掛けなくても、お互いの話し合いによる協議離婚によって問題を解決して離婚に持っていくことができるのだとか。

女性から離婚を求めるケースの方が離婚しやすいのは、現在の日本の法律の特性にあると言われていて、

日本の法律では、弱い立場の女性を優位になるような法律になっていることから、一人で生活していくのには困難な経済的弱者として扱われている女性ができるだけ離婚しないように法律が作られているのが実情です。

ですが、中には奥さんが離婚したいと言っても、旦那さんがなかなか離婚に応じてくれないケースも。

「離婚をすると自殺してやる!」とハッタリを言って脅されたり、必死で泣いて謝られたりして、離婚したくてもなかなかできないケースです。

もしも、男性がなかなか離婚に応じてくれなくても、何も心配することはありません。

きちんと離婚問題の知識を身につけてしまえば、時間や費用を掛けずに容易に離婚することができるので、経済的に苦しい女性としては助かります。

また、知識があれば、ただ時間や費用を掛けずに済むだけでなく、さらに慰謝料をたくさん貰うことだってできてしまうのです。

仮想通貨で資金調達するICOで儲ける人がいる

最近わたしの周りでは仮想通貨で大儲けしている方が増えています。

仮想通貨は株と同じように安くなったら買い、高くなったら売って利益を取る儲け方が一般的ですが、知り合いがやっているのがICO(Initial Coin Offering)という方法で儲ける方法です。

企業が株式上場して資金を調達するように、仮想通貨を発行して資金を調達する方法をICOと言います。

未公開株を購入するようなイメージで、投資家は企業が発行するトークン(独自の仮想通貨)を購入します。

すると毎月の配当がビットコインで支払われるという仕組みです。

企業が成長するかどうか明確でないためにリスクも大きいのですが、利回りが良いのが特徴です。

さらに支払われるビットコインの価値がどんどん値上がりするので2度美味しいというもの。

とても勇気がいるのですが、選ぶ企業さえ間違わなければ数百万も簡単に貸せるそうです。

お金に余裕があるかたにしかできない。きがする。

母の高血圧対策は美容で始まった!

わたしの母は何年も健康診断を受けていなかったので、60歳になったので人間ドックを受けてもらいました。

結果は、特に悪いところもなく概ね健康と言われたので安心氏のですが、一つだけ言われたのが高血圧です。

高血圧と言っても上が130なので、今すぐ薬が必要という訳ではないのですが、医師の説明によると、高齢者は急に高血圧が悪化することがあり、それを知らないで生活すると心筋梗塞や脳卒中で突然死してしまうことがあるというのです。

だから今は調子が良くても、日ごろから食事に注意したり、朝と夜に血圧を測る習慣をつけるなど注意が必要なのです。

医師が根拠を教えてくれたのですが、女性ホルモンには血圧を下げる作用があり若いうちは高血圧になる女性が少ないそうです。

具体的には、30歳代の女性の高血圧は5.6%しか居ないのに、60歳代の女性は62.3%、70歳代の女性は71.2%の人が高血圧になっているそうです。

この統計データから、60歳を超えた母は高血圧になる確率が高いので、正しい生活習慣で高血圧を予防して欲しいという話だったのです。

この話を聞いた私は感動したのですが、母はいつ死んでもいいから好きなものを食べると言います。

あまりにもいう事を聞かない母を何とかしたくて、自然に健康に良いものはないか探していたところ水溶性ケイ素を発見しました。

この水溶性ケイ素は美容に効く魔法の水として美容雑誌に紹介されていますが、実は血圧を下げる効果もあるのです。

血圧に良いから飲んで!と母に言うと拒絶するのは分かっていますので、これを飲むと綺麗になるよ!と説明しました。

すると母は、欠かさずに飲むようになりました。

いつまで経っても女性なんだね。

このように騙して母の高血圧対策は始まったのです。

お肌を守ってくれる強い味方はすでにいる!

昔から不思議に思っていた美肌についての事なんですが

先日、テレビを見ていたら解決しました。

ハリがあって潤っているお肌はきれいですよね。

その為に、化粧水、美容液、クリーム、パックなど

色んなアイテムを使って日々ケアを行っています。

そうしないと、お肌は老化してしまうと思っていました。

ところが、こんな記事を見つけました。

実は、私たちの肌にはお肌の保湿を保ってくれる美肌菌と言うのが棲んでいるそうです。

良くお肌には常在菌がいるって聞いたことありませんか?

それなんです!

その常在菌がまさに美肌を守っているんです。

お肌に多くの常在菌がある人のお肌は保湿が保たれているのでお肌が潤っているそうです。

昔、皮膚科の先生に「化粧品の役割って何ですか?」

て聞いたことがあったんですが、

先生は「化粧品の役割は保湿です。」と言っていました。

皮膚は保湿がとにかく大切だとも話してくれました。

その為、私もなるべく保湿力のある化粧品を選んできました。

ところが、化粧品よりも美肌菌の方がその働きは優秀で

角質層の内部に潜んでいて、保湿成分であるグリセリンをつくっているそうです。

なので、美肌菌を育てれば、もっと潤いのあるお肌が保たれると言うわけなんですね。

その方法ですが、

化粧はクレンジングで落とし、

洗顔はごしごし洗うのはNG!

泡を作って優しく洗う。

そして、ここがポイント!

ビックリしたんですが、汗や皮脂が美肌菌のエサになるそうです。

なので、夜は洗顔した後、寝る前に少しストレッチなどの運動をして汗を出してねると、

寝ている間に常在菌を増やしてくれるそうです。

そうだったんだ。。。

むかし、やたらと洗顔したほうが良いと言うブームが起きましたが。

覚えていますか?

あれは、間違いだったんですね。

そこで、冒頭の「昔から不思議に思っていた美肌についての事」と言う件なんですが、

私の母の事なんですが、顔の作りは別ですが、お肌はとてもきれいだったんです。

多少ほうれい線はありましたが、

亡くなる70才まで、目じりなど目の周りにはほとんどシワがありませんでした。

頬もハリがあったんです。

ですが、スキンケアなんてほとんど何もしていなかったんです。

朝起きて、水で顔を洗うだけ。

夜もおなじです。

石鹸を一切使いません。そのあと、放置です。化粧水もぬりません。

化粧水を使うときは、化粧をする時だけなので、

行事が無いと化粧しないので、化粧する事がほとんどありませんでした。

何もしないと言った方がただしい。

わたしが「化粧水くらいつけた方が良いよ。」と、言っても、

「お母ちゃんには流れる化粧水があるからいいの。」って言っていたんですが

それって、汗の事なんですよ。

なに言ってんだか、この婆さんはと思っていたんですが。

まんざら、間違いでもなかったんですね。

昔に人のいう事ってなんかすごいなとしみじみ思いました。

確かに、お肌のきれいな人に

「どんなケアをしてるんですか?」と、聞くと

「別に何もしてないよ。」と、答えが当たり前のっように返ってくることが多く、

またまた・・・そんなこと言って、実は家では色んな化粧品をぬりたくっているんじゃないの?

と思っていましたが、まんざら嘘でもないんですね。

人を疑う自分の心が汚い!反省。。。

早実の清宮がプロ志望届を提出しプロ入り表明!

怪物高校生が、いよいよプロ野球の世界に挑戦する決意をしたようです。

高校通算本塁打記録を持つ注目の早稲田実業・清宮幸太郎が、

ついにプロ志望届を提出し、プロ入りを表明しました!

日本中の野球ファンが、待ち望んでいたであろうプロ入り表明。

早実の清宮幸太郎が、プロ志望届を提出するまでは、

早稲田大学に進学するか、それともプロの道に進むか、

各スポーツ紙でいろんな憶測が流れていました。

個人的には、早稲田大学には進学しないで、

すぐにプロの道に進むべきだと思っていたので、

清宮幸太郎のプロ志望届提出は少しホッとしています。

だって、高校通算本塁打記録111本も打っている打撃技術は、

おそらく、大学生の中に入ってもズバ抜けてるでしょうからね。

最近では、逆方向へ打つ技術がさらに向上してきたように感じます。

それだけの打撃技術を持っているのならば、

今すぐにでもプロ野球の世界に飛び込むべきなんです。

大学に進学して4年間野球をするのが悪いとは言いません。

しかし、すでに大学生の中に入ってもトップクラスの能力があるなら、

わざわざ4年間遠回りする必要はないんじゃないでしょうか。

大学で4年間野球するよりは、絶対にプロでの経験の方が、

経験できる練習の質が高いのは間違いありません。

それに、将来メジャーリーグへの挑戦を目指しているのならば、

少しでも早くプロに入った方が若い年齢で挑戦できます。

大学に進学すれば、メジャーリーグへ挑戦できる年齢は、

確実に4年間遅れてしまいますからね。

どうせ最終的にメジャーリーグに挑戦するならば、

油の乗った時期に行ってもらいたいので、

やっぱり清宮幸太郎のプロ入り表明は正しい選択だったと思います。

果たして、プロ志望届を提出してプロ入りを表明した清宮幸太郎は、

一体どこの球団に入団することになるんでしょうか。

運命の日である10月26日のドラフト会議が今から楽しみです。

松村邦洋がライザップに挑戦した結果30キロの大幅減量に成功

久しぶりに見た時、一体誰なんだと思うくらい変わっていましたね。

ライザップの新しいCMの発表会見に現れた一人のスリムな男性。

とこかで見たことがあるなと思ってみていたら、

まさかあのモノマネで有名なお笑いタレントの松村邦洋だとは。

最近、松村邦洋をあまり見かけないなと思っていたんですが、

ライザップでダイエットにチャレンジしていたんですね。

いや本当に最初に見た時はビックリしちゃいました。

だって、あのおデブタレントでも売っていたはずの松村邦洋が、

大幅に減量に成功して、普通の体形に変わっていましたからね。

なんでも元々あった110キロの体重が、約8カ月間のトレーニングで

一気に30キロも減量して、80キロまで体重が減ったみたいです。

松村邦洋が出演しているライザップの新しいCMの方も見ましたが、

以前と比べると、顔も少しカッコよくなったような気がします。

よく見るとしっかりと顎のラインが復活し、

脂肪で隠れていた首もはっきりと見えるようになっています。

そりゃ8ヶ月ライザップを試した結果30キロも減れば、

一瞬誰だかわからないくらい別人になっちゃいますよね。

なんかちょっとしたIT社長風というか、

やり手実業家みたいな見た目になっちゃいましたね。

お笑いタレントとしてはこれで良いのかどうかわかりませんが、

このまま太ったままでは健康に良くないのは明らかなので、

今回の松村邦洋のライザップのチャレンジは良かったと思います。

ただこれだけスリムな体形に変化してしまうと、

今まで着ていた服がズボンがブカブカで買い換える必要がありますね。

CMでも以前はいていたズボンがブカブカになっていたので、

もうそのズボンはまた太らない限りはけないでしょうからね。

まあとにかく健康な体になって何よりです。

どうやら、これからは今の80キロの体重を維持するために、

もっと上半身の筋肉を鍛えるトレーニングをしていくみたいです。

くれぐれもリバウンドだけはしないように頑張ってもらいたいですね。

広島カープが優勝して37年ぶりのリーグ連覇達成!

2017年のプロ野球セントラル・リーグのペナントレースは、

昨年の覇者・広島カープが、今シーズンも他球団を圧倒する強さで優勝!

昨年に続く優勝は、広島カープでは37年ぶりのリーグ連覇だとか。

これだけ強いと80年代の時のような黄金時代到来の予感がしますね。

でも、どうして広島カープはここまで強い常勝軍団へと成長したのか。

今年も広島カープが優勝し、37年ぶりのリーグ連覇を達成した要因は、

若手投手陣の成長、選手層の厚さ、次の塁を狙う走塁の意識、

チームバッティングなど挙げればたくさんあります。

まずは、若手投手陣の成長について。

昨年まで、投手陣のリーダー的存在である黒田博樹がいました。

その黒田が引退して、先発投手が手薄になると予想されていたんです。

ところが、いざ開幕してみたら、薮田和樹、岡田明丈、大瀬良大地

といった若手投手が活躍して、見事に黒田の穴を埋めました。

昨年大活躍したクリス・ジョンソンや野村祐輔の出遅れもカバーし、

見事にチームの開幕ダッシュにも貢献していましたね。

そして、広島カープの強さは選手層の厚さにもあります。

記憶に新しいのが、鈴木誠也に代わって4番に座った松山竜平です。

4番の鈴木誠也が骨折して離脱しましたが、

代わりに4番に座った松山竜平が4割超えの活躍で、

鈴木の離脱による打線の戦力ダウンをカバーしたのは大きかったです。

優勝へのラストスパートは彼のおかげだと言っても過言ではありません。

また、広島カープの伝統でもある機動力を駆使した野球で、

次の塁を狙う意識が高かったのも得点力アップに繋がったと思います。

よく盗塁やセーフティーバントなどで相手投手を崩していましたからね。

あれだけ走られたら相手はものすごく嫌だったはずです。

あと、チームバッティングもよく見かけることができました。

相手が嫌がるゴロ、つまり進塁打を狙って打つことで、

アウトで得点を奪うそつのない野球もできていましたね。

こういった要因がいくつも重なったことで広島カープは優勝し、

37年ぶりのリーグ連覇を達成することができたんです。

福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ史上最速で優勝

工藤監督率いる福岡ソフトバンクホークスが西武を7-3で破り、

パ・リーグ史上最速で2年ぶり20回目となる優勝を果たしました。

この日は、今やチームのエースにまで成長した東浜が先発し、

西武打線を6回2安打1失点9奪三振という素晴らしい内容で抑え、

その後のモイネロ、岩崎、サファテも見事な継投を見せました。

今年の福岡ソフトバンクホークスの強さを見ていたら、

パ・リーグ史上最速での優勝もうなずけますね。

今年の福岡ソフトバンクホークスの野球を振り返ってみると、

柳田やデスパイネを軸にした打線も強力なんですが、

本当の強さの秘密は、ディフェンスの高さにあると思います。

9月17日時点で、東浜がリーグトップの16勝を挙げており、

千賀が13勝、バンデンハークが12勝と先発陣が安定。

この先発陣後ろには、岩崎を中心とした強力中継ぎ陣に、

50セーブを達成した絶対的守護神サファテも控えています。

加えて、両リーグトップの堅い守備力も持ち合わせているのです。

9月17日時点での失策数は、両リーグ最少の35個しかありません。

この鉄壁の守備陣と強力な救援陣がいることで、

先発投手は初回から思い切った投球ができます。

初回から全力で飛ばして投げたとしても、

最後には、きちんとサファテが抑えてくれるから安心です。

よくここまで投手を中心とした高い守備力を鍛え上げて、

他を圧倒するチームを作り上げたなと感心しています。

これも全て昨年の悔しい経験があったからこそ

成し得ることができたんだろうと思います。

日本ハムに11.5ゲーム差をひっくり返されたのは、

それまで2連覇中だった王者・福岡ソフトバンクホークスにとって、

かなりの屈辱的なことだったに違いないでしょう。

今年は、その借りを返すために1年間必死に練習し、

それが、優勝という形で実を結ぶことができたんだと思います。

日本シリーズ進出には、まだクライマックスシリーズの

ファイナルステージを勝ち抜かなければなりません。

しかし、今年の鉄壁の守備力があれば、

日本シリーズ進出も難なく決めるかもしれませんね。

サッカー日本代表メンバーが発表 注目は初招集の杉本健勇

いよいよワールドカップ予選も大詰めを迎えますね。

ワールドカップ出場をかけた残り2試合に向けて、

サッカー日本代表メンバー27人が発表されましたが、

なかなか面白そうな選手も今回選ばれています。

GKは、東口順昭や中村航輔といった若い選手も選ばれていますが、

やっぱり大事な局面となる残り2試合は川島永嗣が守護神を務めそうです。

DFでは、今や日本の守備の要となった吉田麻也の他、

長友佑都、酒井宏樹、酒井高徳などが順当に選ばれました。

MFでは、香川真司に加えて、先日ヘタフェに移籍した柴崎岳や

日本の不動のキャプテン長谷部誠らが復帰。

安定感のある山口蛍とのダブルボランチが復活ですね。

そして、注目のFWですが、先日メキシコのパチューカに移籍して、

デビュー戦で初ゴールを決めた本田圭佑が選ばれました。

他にも、プレミアで開幕から2戦連発と絶好調の岡崎慎司、

怪我から復帰の大迫勇也、今や日本のエースとなった久保裕也、

1年ぶりに武藤嘉紀も選ばれていますね。

中でも、個人的に気になったのが、セレッソ大阪の杉本健勇です。

現在、Jリーグで得点ランキング2位の14得点をマークする好調ぶりで、

身長187cmという大型FWで高さの面でも期待できることから、

ハリルホジッチ監督の目にとまり今回初選出されたようです。

杉本健勇は、身長187cmという大柄なわりにテクニックもあり、

ゴール前で前を向いてプレイすると面白いと思います。

大柄選手が揃うオーストラリア戦では必ず途中出場するでしょう。

もし、ワールドカップ予選でデビュー戦ゴールを決めると、

過去に日本代表監督や日本サッカー協会会長も務めた

日本サッカー界のレジェンド長沼健氏以来63年ぶりの大快挙になります。

今回のサッカー日本代表メンバー27人が発表された中で、

日本の秘密兵器として選ばれた杉本健勇が、

ゴールを決めて日本をワールドカップ出場に導くのか。

8月31日のオーストラリア戦で彼のプレイに注目ですね。