脳梗塞で入院中だったラモス瑠偉さんが退院

元日本代表で、後にJ2岐阜の監督も務めたラモス瑠偉さんが、

脳梗塞で入院していた病院を2月14日に退院したそうです。

まだ通院する必要はあるみたいなんですが、

病院から退院の許可が出たようです。

脳梗塞になると言語・運動障害などの後遺症が残ることがありますが、

ラモス瑠偉さんには、味覚・嗅覚に少し異常はみられるものの、

生活に支障をきたすような大きな後遺症が残ることはなかったようです。

これは、奥さんのおかげだと本人も大変感謝しておられました。

ラモス瑠偉さんに異変が起きたのは、昨年の12月29日の朝で、

突然体が思うように動かなくなり、ベッドから転げ落ちたとか。

この時、すぐに奥さんが異変を感じ取って、

迅速に対応したことが良かったんだと思います。

もし、その場に奥さんがいなくて発見が遅れていたら・・・

言語・運動障害などの後遺症が残ってしまうどころか、

命を落としていた危険性もあったかもしれません。

それだけ、脳梗塞という病気は、危険な病気なんです。

それにしても、激しい運動を必要とするサッカー選手って

血管の病気になりやすいんですかね。

今回はラモス瑠偉さんが脳の血管が詰まる脳梗塞になりましたが、

元日本代表で横浜Fマリノスなどで活躍した松田直樹さんは、

2011年、心臓の血管が詰まる心筋梗塞で練習中に倒れて亡くなりました。

ラモス瑠偉さんもと松田直樹さんはとてもストイックで、

サッカーに関しては、一切妥協を許さない人でしたし、

いつも闘志むき出しのプレイをしていましたからね。

それに、ラモス瑠偉さんの場合は、監督で思うような結果が出せず、

かなり疲労やストレスを抱えていたはずです。

今回の脳梗塞での入院は、今まで酷使してきた体を休める

良い休養になったと前向きに考えれば良いと思います。

しばらくは、まだリハビリを続けていく必要があるようですが、

ラモス瑠偉さんのサッカーへの情熱がある限り、

またグラウンドで元気な姿を見せてくれるでしょう。

DeNA山口がFAで巨人に移籍が決定!

今年のストーブリーグでも、各チームの主力選手が続々と移籍していますね。

バッターでは、阪神に移籍した糸井嘉男外野手などが注目されていたけど、

ピッチャーでは、DeNAの山口俊投手がどこに移籍するか注目でした。

その山口投手ですが、今日巨人への移籍を決意したようです。

山口投手は、今でこそ先発投手として活躍しているんだけど、

元々は、中継ぎや抑えとして後ろを任されていました。

今年は先発で二桁勝利(11勝)をあげたように、

私はもっと早く先発で起用すれば良いのになぁと思っていたくらいです。

実際に、今年は先発で5完投・3完封と完投能力の高さを実証しています。

山口投手のポテンシャルは、日本のプロ野球の投手の中でもトップクラスで、

メジャーの球団も注目していたほどなんです。

本人も以前はメジャーに挑戦したいという気持ちがあったようだけど、

どうやら国内の他球団への移籍に気持ちを切り替えたみたいですね。

国内FA(フリーエージェント)権を行使してからは、

DeNA残るか、それとも他球団へ移籍するかすごく悩んだと思います。

だって、今の山口投手があるのは、横浜DeNAのおかげですから、

そんな簡単にチームを出ていくことはできないでしょう。

でも、せっかく取れた権利なので、一度プロ野球選手としての自分の評価を

他球団からも聞いてみたかったんだと思います。

そんな山口投手の獲得に手を挙げたのが、巨人と中日の2球団です。

ソフトバンクが手を挙げなかったのには少し驚きました。

V奪回には、ぜひとも獲得したかったはずです。

即戦力獲得よりも生え抜き選手の育成に方向転換しるんでしょうか。

話を戻しまして、山口投手は、結局巨人を移籍先に選びました。

おそらく、引退した後のことも考えて巨人を選んだと思います。

交渉内容には、引退後のコーチ手形などの話もあったかもしれません。

まあ、中日は落合GMが院政で影でやりたい放題していて、

選手の評判も良くないから、あまり移籍したいとは思いませんよね。

新しい森監督も落合GMのイエスマンですから。

中日は来年も厳しい戦いになるんじゃないでしょうか。

とにかく、巨人に移籍すると決めたのならば、

山口投手が巨人で活躍することを期待しましょう。